セルフiPhone修理もできる

セルフiPhone修理もできる

セルフiPhone修理もできる スマートフォンといった電子機器はとても便利になっていますが、その中でもiPhoneは人気のある機種です。
処理速度も速くて、画質もきれいで写真などの機能もよいこと、そして数多くのアプリを使うことができます。
このようなiPhoneですが使っていると故障することもあります。
スマートフォンはハードウェアとソフトウェアがありそれぞれが機能しており、そのいずれかが故障しても使えなくなります。
修理は専門の業者に依頼しますが時間と費用がかかります。
自分でもできるセルフ修理なら時間も費用も抑えられるのです。
セルフ修理をする場合に大切なことは事前にデータのバックアップを取っておくことです。
クラウドなどを利用してバックアップできます。
もしソフト的なトラブルであればデータのバックアップがあれば、リセットをかけます。
リセットすることで再起動することもあります。
ハード的なトラブルではアダプタなど自分でも交換修理が可能です。

セルフiPhone修理は自己責任で

セルフiPhone修理は自己責任で "iPhone修理で特に多いのは液晶割れの補修、バッテリー交換、ホームボタン交換あたりが挙げられるでしょう。
液晶画面に関しては、電車の中などでも何かと見かける機会が多いと思います。
いざiPhoneを修理に出そうとなった場合、のしかかってくる問題が修理費用です。
公式であるAppleジーニアスバーで画面の修繕やバッテリー交換を依頼するだけで軽く1万円近くが飛んでしまいます。
もちろん、アップルケアプランに加入していれば比較的安価で行えますが、加入している方は少ないでしょう。
そこで安くて簡単に修理できるのが、セルフ修理です。
今は替えのバッテリーや液晶と一緒に工具も付いたキットもあって非常に便利です。
動画やブログを探せばコツなども簡単に見つかります。
公式よりもかなり安価でできるためおすすめの方法です。
ただし、セルフ修理にも大きなデメリットがあります。
それは失敗しても保証がないことです。
あくまで自己責任のもとで行うことを、忘れないようにしてください。
/p>

新着情報

◎2018/10/12

複数のカメラが搭載されている最新iPhone
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

自分で分解するリスク
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

セルフiPhone修理もできる
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「iphone セルフ 」
に関連するツイート
Twitter